超小型自転車A-bikeに乗ってみた(≧▽≦)

最終更新: 5月20日



ちょーー小型自転車【A-bike(エーバイク)】!?

持ち運びが出来る移動手段を探していて、理想はキントーンなどの電動のスケートボードやキックボードがよかったのですが、日本の法律的に公道はNGなので、たくさんある小型の乗り物で目に留まったのがA-bikeです!!


今回は自分が乗ってみた感想とメリット・デメリットを紹介して、これから購入しようと考えている人の助けになればと思います (゚∀゚)


基本仕様:

見た目がアルファベットの「A」に似ているのでA-bikeらしいですwww 今回、私が購入したのはタイヤが8インチのA-bike cityというモデルで前輪ノーパンクタイヤで後輪だけ空気タイヤのものを購入しました。


ひとつ前のモデルが6インチタイヤだったみたいなのですが、タイヤが小さすぎて使い勝手が悪いらしく8インチが新しく発売したみたいです。

今でも小さいのに6インチは嫌だなと思いました(笑)


種類:

A-bikeにはいくつか種類があります。

分かり易く箇条書きにしてメリット・デメリットをまとめます。


・前輪後輪ともにノーパンクタイヤ

パンクはしないですが、段差や舗装されていない道などに弱い


・前輪ノーパンクタイヤで後輪だけ空気タイヤ

空気を入れる必要があるが、空気タイヤの方が段差などはある程度は走行できる


・電動A-bike

電動だとこぐのがとても楽ですが、重量が重いし高い...

正直、私は電動はいらないと思っています。

確かに電動というと惹かれますが、このサイズで電動になると約10.5kgと通常の倍にもなるので持ち運びは正直困難です。

車に乗せて持ち運べるのを前提としているのであればいいと思います。


スピードに関して:

10~15km/hぐらいがいいとこだと思います。

スピードを出す乗り物ではないので普通の自転車の速度以上は出ないと思ってもらえればいいのかと思います。歩くよりは全然、速いです。

車輪がノーパンクタイヤなので段差があると車体が軽いせいで浮いてしまい、

危険なのでスピードを出すのはお勧めしません。


上り坂:

基本無理です。立ちこぎが出来ないので上りは降りて押す感じになると思います。

折り畳み時間:

折り畳みは凄く簡単です!

慣れれば20秒かからず折り畳むことができます。

ただ付属でついているバックがあるのですが、これに入れるのに時間がかかる。。。

結構ギリギリにバックが作られているので焦って入れると入らないので落ち着いて綺麗に入れる必要があります!

だいたい1分ぐらいあれば入れられると思います!


なので折りたたんでから袋に入れるまで1分30秒ぐらいかかるイメージです!



天気の影響:

傘をさして片手運転は危険すぎるのでやめておいた方がいいです。

傘さしは慣れないとすごく危険で小雨で風がそんなになければなんとかですが、

なにせ車体が軽いので風に弱いのもあり天気が悪い日はお勧めしません。

(メーカーも雨の日NGと記載してます。)


耐久性に関して:

A-bikeは偽物が多く出回っているので気を付けて下さい。

偽物はすぐに壊れてしまうと口コミがおおいのでちゃんと確認して購入してください。

正規品を購入すればある程度の耐久性はあるので変な事をしない限り簡単には壊れることはないと思います。


※正規品サイト





メンテナンス:

空気タイヤの場合タイヤが小さいので空気を入れる頻度は普通の自転車よりも多く感じます。変な乗り方をしないかぎりパンク以外のメンテナンスはいらないと思います。


防犯登録:

購入する時に防犯登録を510円でつけることが出来るので、付けるのをオススメします。

A-bikeを持って警察に行って何か言われるのもめんどうなので。。。


追加装備:

A-bikeは自転車なのでライトと防犯用に鍵は必須です。

私は近くの自転車屋で小型ライトとある程度長さがある鍵と太さのある鍵を購入しました。



警察はペンライトとかでも付いていれば止められる事はほぼないので、

写真ぐらい小さいライトをつけて私は乗っています。



鍵の使い方は長い時間、駐車する時に車輪を固定するため短い鍵を使用して、

コンビニなど軽く止めたいときに取り外しの簡単な長い鍵を購入しました。

私は玄関前に止めているのでこんな感じで置いていますwww

(妻に邪魔と言われるが私は負けないwww)



空気入れ

A-bikeにオススメの空気入れが出いるのでご紹介させていただきます。

A-bikeのタイヤの空気を入れる穴はアメリカ式の穴なので、普通の一般的な空気入れはイギリス式なのでうまくはまらない場合があるので気を付けてください。


そこで公式でもオススメしている空気入れが下記なので、もしA-bikeを購入して空気入れが必要なら下記を使用するのをお勧めします。

アマゾンで見る

パナレーサー 空気入れ

楽天で見る

パナレーサー 空気入れ

Yahoo!で見る

パナレーサー 空気入れ


※空気入れにはアメリカ式バルブ対応のものが必要です。



まとめ:

大きさとしてはとてもコンパクトで持ち運びはそんなに大変ではありません。

ただ、やはり6kg以上のものを持ち運び続けるのは大変で長時間もって移動するのは中々大変です。

なので車に乗せて移動先で乗ってみたり、電車で行って少しツーリングとかの気分でいるとすごい便利といえます!


通勤で使うのもいいと思いますが、朝の通勤ラッシュは邪魔なので空いている電車なら通勤にも使えて便利だと思います!


自転車だと思って購入すると失敗するので、あくまで小型移動手段の乗り物として購入すると大満足して頂けるとおもいます!!


次に狙ってるのが最近発売された【電動スケートボード I-KIN-SB-K1】か【セグウェイドリフト】なので、今後の指標を見てGETするか考えていこうかと思います ( ̄∀ ̄)

(絶対、妻にいらないと言われる...w)


329回の閲覧
  • 桑原翼 Facebookok
  • 気になる Facebook
  • Instagram

2019 by Tsubasa Kuwabara. Copyright ©SP-Guild.com 2019

kuwabara@sp-guild.com