カラーBOXでカウンターキッチン作ってみた!!

最終更新: 5月20日


カラーボックスを使ってカウンターキッチンを作ってみよう!!

という事で作ってみましたwww


CGの事ばかり書いててもつまらないので、プライベートブログも充実させていきたいと思います ( ̄∀ ̄)


妻がキッチンが狭いからカウンターキッチンが欲しいと言い出したので、

ここは男を見せるところだと思いDIYやるよ (*゚▽゚)ノ


と、軽く答えてしまったのが始まりで。。。カウンターキッチンをつくることに(笑!!


さて何からどう作ればいいのか分からず、

まずはネットでカウンターキッチンの相場を調べてみることに!


まぁどれも高い。。。

安いと思って1万円台だと長さが1メートルもなかったりと、、、

キッチンの長さに合わせて作りたかったので、

2mぐらいは欲しいとなるとやはり7・8万ぐらいいってしまうようでした。。。

中古ならもっと安くすみそうでしたが、キッチン周りなのでやめました。


さてそうなるとどうやって作ろうかなと調べたらカラーボックスを使って組み立てるのが一番安くていいなと気づきました!!


部品:

カラーボックス:2個

カラーボックスの高さと長さのベニヤ板:1枚

カラーボックス同士をつなぐ骨組みの棒(カウンターキッチンの長さになるように)

そしてカラーボックスの上に乗せるテーブル部分の板

安定性に不安があれば地震対策の 家具転倒防止伸縮棒

テーブルの上にしくビニールシート(ニトリ・イトーヨーカドーとに売ってます)

あとは細かい部品でネジと両面テープ

これをそろえればあとは組み立てるだけです!


お買い物:

さてなんとなく頭の中に設計図らしいのが出来たのでお買い物へ!w


カラーボックスは色々調べた結果ニトリが安かったのでニトリで2個購入することに!

 ⇓ニトリ⇓

べニア板やつなぎの棒はハンズとかの方が一気に購入出来て切断とかもしてくれ配送料も一回で済むのでハンズで購入することに!!


カラーボックス カラボ 3段(WH) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】8841202 〔合計金額7560円以上送料無料対象商品〕



だいたい1万円ぐらいのテーブル板(190m)を購入

テーブル板は切断したくなかったので、長さを190mと決めてつなぎの棒を切断してもらい190mに長さをあわせました。


べニア板は東急ハンズでカラーボックスの高さとテーブル板の高さにカットしてもらい3千円。つなぎの棒もカット代を踏まえて2本で3千円。


あとはネジを購入して配送してもらうことにしました!



ネジはこんな感じのを10個入りを購入しました。


uxcell ブラケット アングルブラケット ステンレススチール L字型 家具部品 留め具 ファスナー コーナー 8個入り




そして週末に荷物が届き、組み立てることに!!

キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 


妻に応援されながら一人で黙々と作る事3時間。。。


できた!!だが少し不安定だな。。。


それならばと!

家の前のイトーヨーカドーに行き地震で家具などを支える留め具を両端において安定性が抜群にさせたwww




←これ(1300円ぐらい)


家具転倒防止伸縮棒 突っ張り棒 Mサイズ 地震 防災 【防災グッズ 防災用品 地震対策】[KTB-40]【アイリスオーヤマ】




これで大枠はできました!!

あとはテーブル板が汚れないようにイトーヨーカドーで透明なビニールシートを買ってきてテーブル板に両面テープで張り付けて完成です!!

ビニールシートは厚さと長さで金額は変わりますが、私は0.5mmの190mのにして1500円ぐらいでした!


合計でだいたい2万円で190mのカウンターキッチンを作ることが出来たので、

まぁ正規で買うよりは3/1ぐらいは安くできたのかなと思います!!

妻も今は満足して使ってくれてます♪♪


そして私は物足りなかったのでバーカウンターのつもりで椅子がほしくなりこれを購入 (゚∀゚)




まとめ:

DIYをやる時は設計図、絶対です!!

長さとか少し適当にやったらなかなか組み立てが大変なことになったので今度から気をつけようと思いました。。。


カラーボックスだけニトリで購入したのですが、その他の部品は東急ハンズでほとんど揃いました!!


あと細かいのはイトーヨーカドーで揃います。

DIYは安く済むのでとてもお勧めですね!!みなさんも是非、参考にしてみてください。

(これしか作ったことないのにww)



165回の閲覧
  • 桑原翼 Facebookok
  • 気になる Facebook
  • Instagram

2019 by Tsubasa Kuwabara. Copyright ©SP-Guild.com 2019

kuwabara@sp-guild.com