MotionBuilderチュートリアル No.12!!

最終更新: 5月28日



こんにちは!!

モーションビルダーチュートリアル第12弾です!!


前回の第11弾では【キャラクタライズ】の仕方を初の音声入り動画でアップしましたw

今後もいろいろアップしていけたらなと思います!

さて、今回は前回のキャラクタライズの応用というか便利な方法を追加で説明させて頂きます。

【キャラクタライズ】をテンプレート化!?

同じ命名規則で作られた複数のキャラクターがある場合、

テンプレートを使うとマッピングが自動で入るためものすごくスムーズに作業を進めることが出来ます。


前回のようなキャラクタライズはキャラ毎に何度も何度もやるのは本当に面倒です。

そこで1体だけキャラクタライズしていまい、それをテンプレート化することで

キャラクタライズの使いまわしができるのです!!


注意点は同じ命名規則で作成したモデルにする必要があります。


【テンプレート】を作成してみましょう。


Character Controlsの中にあるDifintionのタブを開き、

ゴミ箱の隣にある人型とフロッピーのマークを押します。

そうすると【Save Skeleton Difintion】というものが開かれると思います。

UIの通りに名前は自由に変更できます。

今回はデフォルトのままテンプレートで保存していきます。


保存先を選択して保存します!

そうすると保存した階層構造に【template.xml】というデータが保存されると思います。

これが使いまわしのきくキャラクタライズの情報です!!



【テンプレート】を読み込んでみよう!


新しくキャラクタライズされていないモデルを読みこみます。

マッピングで使用したいジョイントをすべて選択します。


そしたら今回はDifintionのタブ内の色の付いたフロッピーと人型をクリックします。

そうすると【Lord Skeleton Difintion】というUIが出てくるので、

Templateのプルダウンからブラウザを押してフォルダを選択する画面になるので

先ほど保存したテンプレートを選択します。


ラジオボタンの設定は下の【Match only selected bones】を選択します。

そのままOKを押すとジョイントがマッピングされます!



これは命名規則が変更されていても問題ありません!!


動画で【テンプレート】を説明!

さて!!!

今回も動画作りましたw

短いですが、ブログの文章だけで分かりにくかったら下記も参考にしてください!




まとめ:

キャラクタライズを一つ作れば命名規則が同じものはマッピングの流用が出来ます!

とても便利な機能なので是非!使ってみてください。



96回の閲覧
  • 桑原翼 Facebookok
  • 気になる Facebook
  • Instagram

2019 by Tsubasa Kuwabara. Copyright ©SP-Guild.com 2019

kuwabara@sp-guild.com